専業主婦が利用するなら銀行カードローン

銀行専業主婦がお金を借りようと考えると、実質的には銀行カードローンのみになります。というのも、消費者金融の利用はほぼ無理といえるからです。現在消費者金融を利用するとなると、総量規制が適用されます。これは、原則として年収の3分の1を超えて貸し付けを行ってはならないという法律です。つまり、兼業主婦とは違って、収入のない専業の主婦にとっては、年収の3分の1とは、すなわち、ゼロということになるからです。一つ例外があり、配偶者との収入を合算して年収の3分の1までなら借入も可能となっています。ただし、その際には、配偶者の同意書、収入証明書、婚姻関係を示す書類の提出が求められます。また、貸し手側も、融資後離婚などとなった場合、回収が難しくなったりするので、積極的には取り組んでいません。幸いなことに、銀行は総量規制は適用されませんので、年収規定はありません。ただし、どこでも専業主婦にお金を貸してくれるというわけではありません。結局は収入はないのですから、融資に慎重にならざるを得ません。とはいえ、実際に利用可能なところもあります。例えば、イオン銀行など、インターネットバンキングの場合は審査も緩く、貸し出しに応じています。カードローンの利用額としては、限度額30万円などと記しているところもありますが、現実的には10万円程度と考えておいた方がよいです。返済期間が12ヶ月ならば1万円程度、24か月ならば5千円程度と無理なく返済が可能な金額だからです。