銀行と消費者金融が提供する商品の違い

カード似ている小口融資にキャッシングとカードローンがありますが、何が違うのか、どちらを選べばいいのか、よく分からないという方は少なくはありません。

一般的には消費者金融(ノンバンク)が提供するのがキャッシング、銀行が提供するのがカードローンという呼称で分けられていますが、その内容は基本的に同じものです。無担保・無保証、使途限定なし、利用限度額の範囲で繰り返し借入れができる金融商品です。最近ではインターネット取り引きに対応している商品も増えてきています。

ただ、商品自体に大差はないと思って構わないのですが、細かい部分では金利や利用限度額に違いがあります。
銀行の方が金利が低く利用限度額が高く設定されていますが、その反面で審査が厳しくなっているので、個人情報や信用情報に自信がある方におすすめです。対して消費者金融の方が審査が緩くなっていますが、その反面では金利が高め利用限度額が低めになっているので、自分の情報に自信がない方におすすめです。
どちらがいいとは一概には言えないので、自身の状況を判断して決めてください。

また、近年では銀行と提携や合併した消費者金融もあります。
金利が低く利用限度額が高いという利点を残しつつ、審査基準も緩めに設定されています。さらに、ローン契約が可能な無人の機械の設置もあり、双方のいいとこどりをしている商品です。

1ヶ月のうちに3社以内なら申込みOKなので、条件のいい商品から申し込んでみるのもいいでしょう。